パラカのように優待券ある銘柄は株価も安定

パラカは株主優待としてクオカードを配布していますが、最近は特に株主優待を目的として投資をする人が増えてきているため、優待を出す銘柄というのはそれだけで株価が上昇しやすくなる傾向にあります。
特にパラカのように、クオカードといった現金と同じように使うことができるものは特に人気があり、買いが買いを呼ぶ好循環をうみやすくなっています。
また、パラカ以外にも飲食チェーンなどは自社店舗で使用することができる優待券を配布していたり、小売業を営んでいる企業も同じように割引券や優待券といったものを配布することがあり、そのような企業の株価というのは常に一定の需要があるので安定しやすいものとなっています。

もちろん、いくら魅力的な優待券を配布していても肝心の本業がいまいちであれば、株価は下落してしまいますが業績も安定しているのであれば株価が下落するようなことがあれば、優待をお得にもらうことが出来ることになるため買いたいという人が増えるため、上昇の材料だけでなく下支えの材料ともなるのです。
そのため、優待自体に興味のない人であっても株価が下がれば優待目当ての買いが入るため、大きく下がらないだろうという判断の元購入を決めたりすることになるため、優待があることによって株価が安定して上昇しやすい条件が整うことになるのです。
これだけで株価の動きが全て決まるわけではありませんが、優待が大きな影響を与えているということも決して無視することはできない事実であるため、パラカのような銘柄を購入する時には優待の影響というのが、どの程度あるのかということもよく考えて投資をすることによって、投資の成績を更に向上することができます。

ページトップへ