あやしい値動きのない名古屋電鉄の株価

名古屋電鉄は、創業明治27年、設立大正10年の由緒ある鉄道会社です。資本金は、888億円であり、名古屋市中村区に本社を置いています。名古屋電鉄は、名鉄と言われており、そちらの方がピンとくる方が多いと思います。正式名称は、名古屋電気鉄道です。名古屋電鉄は、その名のとおり名古屋を中心とする路線図を持っており、ほぼ愛知県内を網羅しています。

その名古屋電鉄の株価は、安定した値動きを示しており、あやしい値動きは一切ありません。これは、公共交通やガス・電気等のエネルギー事業に関していえる傾向です。やはり、安定した収益がのぞめるという点が、非常に大きいです。一方、国等から許認可を受けるケースも多く、半官半民といった感じの企業であるという事も出来ます。凄い黒字になることもないですが、赤字になることも考えられない企業です。強いて言うなら、東京電力のような大規模な事故を起こさない限り、経営(財務指標)は、絶対に安全だという事が出来ます。

だいたい株価があやしい値動きをする銘柄は、新興企業であったり、時価総額が小さいケースが多く、こういう鉄道会社には全く当てはまりません。そういう意味では、非常に安心感のある株に思います。中長期の保有に向いている銘柄といえるでしょう。どうしても短期的な株価は、予想外の値動きをするケースが、あります。これは、企業の業績に関係なく、円高とか市場の噂とか大きい証券会社の株価目標値によって、短期的に大きく影響を受けるからです。株価があやしい値動きをする会社は、やはり、会社の経営や規模自体、少しあやしいと考えるべきに思います。こういう株価は、株が上がっているトレンドの時はよいのですが、下がるトレンドになると、急激に下がる可能性が高いです。

ページトップへ